息子と結婚について話す方法

未婚の息子との会話

息子が結婚適齢期を過ぎているのに独身のままだと、不安になってしまう親は少なくありません。孫の顔が早く見たいと考えている親は多く、息子の将来に不安を感じています。結婚は本人の意思でするものですから、親が強制することはできません。ただずっと独身のままだと息子のためにならないと考えている親は多いのが現実です。そんなときは息子と1対1で話し合ってみるのもいいでしょう。聞く耳を持ってはくれないかもしれませんが、逆に聞いてくれる可能性もあるわけです。ダメ元で挑戦する価値はありますので、まずは会話する場を設けてみてください。

息子にその気があるのであれば、結婚相談所や婚活サイトの利用を勧めてみるのがよいです。年齢を重ねるほど出会いの場が減っていくのは間違いありません。若いころはモテていた男性も、次第に声がかからなくなってきます。女性側としても男性がある程度の年齢になっていると、結婚している可能性が高いと感じてしまうからです。声をかけてもダメな可能性が高いと思えば、声をかけないのは自然なことかもしれません。

独身の息子が結婚する気がない場合、その理由の多くは経済的な問題という現実があります。昔は結婚するのが当たり前の時代でしたが、現在は収入が不安定という現実もありますので、結婚しても生活していけるか不安に感じている男性は少なくありません。親としては経済的な問題が絡んでくると、息子に結婚するように勧めるのは難しいかもしれません。

ですが現代は親世代よりも、共働きが主流になりつつあります。仕事を続けたい女性も増えましたし、その代わりに家事は分担したいと考える女性も増えました。結婚して夫婦共働きをすれば家庭の収入は大きく増えるでしょう。これは女性側から見ても大きなメリットがあるため、経済的な不安があるから結婚しないのではなく、不安があるから結婚するというように前向きに考えるのもありです。こうした考えについては欧米では当たり前になりつつあります。経済的な不安を抱える場合は、息子に家事をするように勧めてみることをお勧めします。自立して一人暮らしをさせることも一つの方法です。結婚後役立つことを一つでも身につけておけば、本人も少しでも自信を持つこともできるでしょう。

後継者や跡継ぎがいなくてお困りの方へ

まずは「ふるさと縁」までお気軽にお問い合わせください。

おすすめの記事