「普通」が「普通」じゃない婚活市場

相手の年収:理想と現実

普通の男性と普通の結婚でいいから、と考えて婚活をしている女性が増えてきています。でも、婚活をしている女性の多くの普通の基準が普通ではなくなってきています。例えば多くの女性は男性の収入にこだわりを持っていて、年収が600万円以上じゃないと嫌だとかせめて500万円以上はないと困ると考える人が多いです。でもすでにこの時点で普通ではないということに気がつかないといけません。それは婚活をしている男性の多くは年収が400万円以上だからです。中には年収が300万円以下という男性もおられますが、そうなると結婚相談所に登録をすることさえ難しく婚活市場にさえ出てくることができません。
30代男性で年収500万円以上という方はかなりすごい方だと認識することが、女性が婚活で失敗をしないために大切なことです。多くの女性が普通の収入と考えている金額を見直すことで、幸せを逃してしまうということを防ぐことができます。もちろんお金は生活をする上で大切なことですが、あくまで目先の話になってしまいます。結婚相手の収入が将来上がるとは限りませんし、下がっていく場合も考えられます。収入以外のプロフィールにきちんと目を向けていくことが大事です。婚活で出会った男性がいたけれど、いまいちだなと思っていても周りからはお似合いのカップルだとおもわれている可能性は高いです。思い込みから抜け出して、客観的に自分自身を見つめることで婚活市場で勝ち組になれる可能性が高くなってきます。きちんと自分を客観的に見て、自分が思っている普通の基準高すぎることがないか確認することも大事です。冷静に自分を分析して、さらに相手も分析することが必要です。思い込みを持っている女性が多いので、その思い込みから抜け出して相手のことを広い視野で見ることで婚活が成功します。収入以外にも男性の価値は多くあります。普通の結婚ではなく、自分の結婚や自分にとって幸せになれる結婚相手探しが大事です。

Iターン・Uターン希望の方

まずは「ふるさと縁」までお気軽にお問い合わせください。

おすすめの記事